AGAの兆候は一つではない 変化に気づいたら治療が必要

AGA(男性型脱毛症)には前兆と言える症状があります。一番わかりやすいのは、朝起きた時に枕についている抜け毛の数が増えた場合ですが、それ以外にも案外気付かないで見過ごしている兆候があります。
例えば以前に比べて髪のスタイリングがし辛くなったということも兆候の一つです。髪のボリュームが減ったり髪にコシが無くなることで、以前なら決まっていたスタイリングが決まらなくなるのです。逆にもともと髪の量が多い方の場合、髪の量が減ることでスタイリングしやすくなることもありますので、以前と違う印象を持ったらAGAを疑ってみましょう。

他にAGAの兆候として、頭皮にかゆみが生じたり炎症を起こしたりしている場合もあります。気になることがあったら迷わず専門医の診察を受けるようにしましょう。
AGAの治療は早く始めれば早いほど効果があるのですが、それは発毛のしくみにかかわる毛母細胞に関係しています。毛母細胞は発毛に重要な役割を担っており、これをケアすることが大切なのです。